銀座御門通り

銀座御門通り

銀座八丁目、高速道路の道路敷はかつて汐留川が流れ、中央通り(旧東海道)には新橋が架けられていました。1710(宝永7)年、その北詰に城門が建設され、芝口御門と呼ばれていたのだそうです。希少な存在となっている柳並木が見られるこの通りの名前が「銀座御門通り」で、建築後わずか15年で焼失してしまい再建を見なかった門の存在が通りの名前になりました。